マンション経営のノウハウなどを把握して失敗を回避する

案内女性

良い立地が導く成功

お金

立地の良いマンションを購入することは、マンション経営での失敗リスクを大きく抑えることができます。立地の良いマンションは安定した家賃収入を得られるほか、家賃を高く設定することができます。また、売却時に売却価格が高くなるため、大きな売却損を抱えることがありません。

View Detail

RECOMMENDED SITES

  • M&A 事業承継 山田ビジネスコンサルティング株式会社

    人気の専門セミナーの情報も多数掲載されています。会社譲渡の専門用語や効率的な手続き方法を調べるなら、コチラのサイトを役立てるといいですよ。

どうすれば成功できるか

室内

地方よりも都心を選ぶ

マンション経営はそう簡単に成功するものではありません。大きなお金が動くため、できれば失敗したくないものですが、マンション経営とは言え経営というくらいですから、コツやノウハウを知らなければ失敗するリスクも高まります。マンション経営で重要なのは、いかに入居者を確保することができるかです。そのためには、初期投資が大きく、また期間の利回りも低い物件であっても、地方よりも都心を選ぶことが重要です。マンション経営で失敗するのは、節税や利回りのことばかりに気を取られて、マンションの本質を見失ってしまうことです。マンション経営は入居者がいなければ家賃収入を得られないため、節税や利回りよりもいかに入居者が集まりやすいかということを考えなければなりません。都心のマンションは、地方に比べて人気も高く、放っておいても入居者が集まりやすい立地なのです。

新築でなくともよい

もちろん、自分でそこに住むとなれば新築を選びたいものです。しかし殊にマンション経営となると、新築かどうかというのはそれほど重要ではありません。というのも、マンション経営はより長いスパンで考えて行かなかなければ失敗しやすいからです。新築マンションも、初めのうちは新築らしさを享受できるかもしれません。家賃も高く設定できますし、入居者集めにも苦労はしません。しかしそれは最初の内だけです。いつかは新築マンションも新築でなくなってしまうわけなので、そうでなくなったら家賃なども中古と変わらない価格になってしまいます。長い目で見れば、新築も中古もマンション経営で利益を得るためには変わらないということであり、新築だからという理由だけで購入するのではなく、より広い視野をもって取り組んでいくことが失敗しないやり方です。

マンションの経営のコツ

建物

マンション経営で良く見られる失敗事例は、住宅ローン返済に関することです。無理な返済計画を立てて負担が増加することを避けることが重要です。また、家賃利回りの高さを中心に考えて、物件選びを行うことも大切です。

View Detail

良いパートナーを見つける

集合住宅

マンション経営は不動産業者がカギを握っていると言っても過言ではありません。信頼できる不動産業者を見つけることは、失敗のリスクを減らすという意味でも非常に重要です。見極める時は信頼できるかどうかを判断基準にして、しっかりと業者選びをするようにしましょう。

View Detail

Copyright© 2016 マンション経営のノウハウなどを把握して失敗を回避する All Rights Reserved.