マンション経営のノウハウなどを把握して失敗を回避する

女の人

マンションの経営のコツ

建物

マンションの経営の特徴

マンション経営とは、マンションを購入して賃貸に出し、家賃収入を得るものです。多くは住宅ローンを組んで、家賃収入で返済する形となります。マンション経営において多く見られる失敗事例としては、この返済計画に無理がある点が挙げられます。サラリーマンが始める理由として、税金が還付されるというものがあります。確定申告をすることにより、ローン金利や建物の減価償却費などを経費計上することで、赤字経営として申告できるというものです。その還付金を当てにしていると失敗することになります。というのも、その節税効果は年々薄れていくからです。最初にその還付金を当てにして返済計画を立ててしまうと、やがて負担が大きくなることに気づくわけです。

知って得するテクニック

マンション経営で失敗しないためには、まず無理な返済計画を立てないことです。加えて家賃保証が利用できるのであれば検討することが必要です。相場の家賃よりも少ない金額になりますが、安定した収入が入ることになるからです。また、賃貸需要が多い場所を選ぶと共に物件選びも大事です。将来自分が住むためにと、ファミリーマンションを購入するケースもあります。けれども家賃利回りはファミリータイプよりもワンルームの方が高いものです。物件購入はあくまでも、投資対象として検討することが必要となります。また、新築にこだわらず中古物件でマンション経営を行うことも、失敗を回避する手段となります。価格が安いことに加えて、家賃はそれほど下がることが無いからです。

Copyright© 2016 マンション経営のノウハウなどを把握して失敗を回避する All Rights Reserved.